転勤が多い人の家具は、使い勝手がいいものに限る

引っ越しの機会が多い人は、そのたびに荷造りすることが必要になり、けっこうストレスになります。
また、立派な家具をもって動くと、そのたびに傷がつく可能性もあり、大変もったいないことです。

そのようなことから、転勤が多い人の家具は、使い勝手がいいものがお勧めだといえます。
極端な話ですが、押し入れタンスを複数個用意して、家族それぞれの衣類を入れておくと荷造りも大変楽になります。

もちろん、引っ越し業者によっては、ダンボール箱に入れることを指示するところもありますが、軽いタンスの場合は、中身が入ったままで運んでもらうことも可能です。

また、引っ越しのときに、荷物を整理することもありますが、ものを廃棄するときは、重さが目安になることも少なくありません。
そんな場合、少しでも軽いと廃棄にともなう費用の節約にもなりますね。

家具を買うときは、長く使うことを考えて、よい品を選びたくなります。
しかし、引っ越しの機会が多い人は、引っ越しにともなう負担を軽減できることを優先する必要があります。

もちろん、荷造りや、新居での荷解きにともなう肉体的負担だけでなく、財布への負担も含めて・・・です。

総量規制対象外とは?