クレジットカードの使い過ぎに注意する

毎月の収入の中で支出を抑えるように生活することが、お金を残し、貯金をしていくための鉄則です。それが、クレジットカードを何気なく使っているとわからなくなってしまうのです。

少しくらい使いすぎても、予備の貯蓄から払えばいいと思うかもしれません。しかし、それで上手くいっているという人は少ないのです。多くの場合、その月の収入の中で生活が成り立っているのかを意識しないと、たちまち家計が破綻してしまう状態です。家計の現状が把握できていない上に、支払いも把握できていない。それが、クレジットカードを利用するときの問題なのです。
つまり、家計状況をきちんと把握せず、後払いの生活費も収入の中でやりくりできる計画性を持たないままクレジットカードを利用するの禁物です。まして、生活費が不足しているなどという理由でクレジットカードを使うのは、貯蓄ができないどころか、借金を作ってしまっているという危険な状態なのです。
意識していないと、クレジットカードはお金を使い過ぎるという行動を誘発させます。クレジット会社はそうした消費者心理があるからこそ、ビジネスが成り立っているともいえるほどです。クレジットカード加盟店もそれがわかっているから、クレジット会社に高い手数料を払っても、お客にカードを利用できるような環境を作っているのです。ローン即日