離婚後の養育費を弁護士と相談した時のこと

私は娘がまだ0歳の頃に夫と離婚し、毎月養育費をもらう約束になっていました。

ですが、夫からはまったく連絡がこなくなり、何度電話をしても言い訳をしながら「ちょっと待ってて」の繰り返し。仕方なく、私は法テラスで弁護士を紹介していただき、相談を受けに行きました。色々話を進めていきながら、弁護士さんに「養育費はいくらくらいが希望なの?}と聞かれ、「2~3万円でも。私はただ、誠意がほしい」と話したのですが、弁護士さんは「気持ちは分かりますが、あなたはこれから一人でお子さんを育てていくわけですから、もっと欲張っていいと思いますよ。

それに、養育費というものはいつまで貰えるかわからないんです。お子さんが成人するまでの間に何があるか分からないじゃないですか?だから、貰えるときにたくさん貰っておきましょう」と教えてくれました。最終的に弁護士さんと話し合って毎月の養育費を10万円と提示したのですが、元夫は「そんなに払えない」と、少しずつ値を下げていき、7万円で決まりました。弁護士さんの説得もあり、元夫は「大変だけど頑張る」と言ってくれたのです。

ですが、5年後には夫から値下げして欲しいと言われ5万円に下げ、その後も3万円に下げられ、10年もしないうちに養育費は振り込まれなくなりました。弁護士さんに入ってもらったのは初回だけだったので、その後も相談していたらもっと違っていたのでしょう。弁護士さんが言っていた「はじめが肝心」という言葉、数年後によく理解できました。

http://www.pronto-botendienst.com