借金の消滅時効が失敗する原因のほとんどが中断事由?

借金の消滅時効は過去の借金を消すことができる方法ですが、中断事由によって時効期間が中断されることに気がつかないと失敗してしまうかもしれません。

借金の消滅時効が失敗する原因で多いのは中断事由にあります。

貸主である債権者が裁判で返済の訴えをおこすと時効は中断されます。

債務者の住所がわかっている場合は和解の申立てや裁判にする前に返済して欲しいと書類を送るやり方がありいずれも時効は中断されます。

債権者に知らせず転居して住民票を異動していない場合には公示送達という方法で裁判が行われ知らない間に判決が出ていることがあります。

行方不明の扱いになり裁判所前に掲示されるだけで本人がいなくても裁判を行うことができます。

裁判所から強制執行の許可が出て差し押さえがおこっても消滅時効は中断されます。

時効中に支払い約束の証書にサインすると債務の承認が認められ時効が中断します。

時効が成立していても時効の援用を行うことを債権者に伝えていない場合には返済義務は無くならないので時効成立後、一部でも返済をした場合は信義誠実の原則により時効援用することが出来ず返済をする必要があります。

時効中断に引っかからないためには弁護士の消滅時効の援用費用調べました【相場がワカル!】のように弁護士に手続きをお願いしましょう。