蓄財専用の

【お金が貯まらないユーザー】

月額できるだけ省エネをして、余った分を備蓄に回して掛かる

これは誰でも一度はしがちな心機一転ですが、挫折して終わったユーザーは多いハズ。
「できるだけ」省エネ、「余った分」を備蓄というあやふや心機一転はなし崩しにおわりがちだ。

2.目的別に分けている?備蓄口座の不等

【お金がたまるユーザー】

蓄財用の口座を、家計用の口座とは特別作っている

毎月の備蓄分は、蓄財専用の別口座を作ってそこに移します。
蓄財用の口座はなるたけ金利の相応しい銀行を調べて決めています。(一概には言えませんがインターネット銀行はたいして金利が良いようです)そして蓄財用の口座は敢えてキャッシュカードを作らないなどして、容易におろせないように工夫をしている。

アメックスゴールドユーザー】

銀行の合体口座で普段の生活費と備蓄をひとまとめにして管理している

銀行の合体口座で、家計用の日頃蓄えと蓄財用の定期蓄えを一緒に管理すると便利ですね。
しかし蓄財を割に簡単に崩せてしまうことがネックだ。
非常時の時に当座貸越という、簡単に言えば定期蓄えを補填に負債がとれる系統も容易に利用できてしまうので、本気で備蓄をしたいと考えて要るユーザーには下手だ。